本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 健康栄養学科の特徴

健康栄養学科の特徴

健康栄養学科の「学びの特色・学びの領域」についてご案内します。


学びの特色

医学的な見地に基づいた管理栄養士教育

健康栄養学科の最大の特長は、医学的なアプローチによる人材育成です。医学的な見地に基づいた教育プログラムによって、臨床志向の強い管理栄養士を養成していきます。またチュートリアル方式によるPBL(Problem Based Learning=問題立脚型学習)を取り入れ、チーム医療の一員として活躍できる人材を育成します。

医療系学部・歯学部附属病院との連携

健康栄養学科では歯学部、薬学部、心身科学部など医療系学部で培われたノウハウを活かし、実践的な教育を進めていきます。基礎医学・臨床医学分野の医師・研究者がそれぞれの研究成績(エビデンス)と現場での経験に基づいた指導を行います。本学歯学部附属病院での演習では、実際の患者さんを対象に栄養・運動指導を行います。

幅広い分野で活躍できる管理栄養士を養成

健康栄養学科では、栄養教諭、老人福祉・老人保健施設、スポーツ栄養分野などの各分野で活躍できる人材の育成にも力を注ぐほか、フードビジネス、フードマネジメント、サプリメントなどの領域も広くカバーしていきます。

学びの領域

健康を支える3つの要素

心身の健康を保持・増進する上で特に重要なのが、「栄養」「運動」「休養」の3つの要素。このうち健康栄養学科は、「栄養」面から健康づくりに貢献していきます。「運動」領域をカバーする健康科学科、「休養」および心の健康の領域をカバーする心理学科とあわせて、トータルな視点から健康にアプローチしていきます。

教育目標

健康栄養学科では、以下の5つを教育目標としています。

  1. 建学の精神「行学一体・報恩感謝」に立脚した職業倫理の育成
  2. 人間栄養学に基づく先端の専門知識と確かな技術の育成
  3. 新しい時代のさまざまな食と健康の課題に対して、グローバルな視点に立って総合的、複眼的に考え、EBN(Evidence-Based Nutrition)に基づいて問題解決ができる力の育成
  4. 人々の豊かな人生(QOL:Quality of Life)を支援できる力の育成
  5. 高度情報化に対応したコミュニケーション力の育成

実践的講義

最新の設備が整った「給食経営管理実習室」を活用した実践的講義

給食経営管理実習室は、HACCP(危害分析重要管理点)に準拠した施設。
特に、品質管理や作業管理、財務管理、栄養管理など、さまざまな経営管理能力を習得するための実習室として設計されたものです。給食企画室、検収室、下処理室、調理室、洗浄室などをモニタリングし、評価・フィードバックできるよう配慮されています。

また、品質管理の測定や作業管理の測定については、管理室にあるコンピュータで中央管理ができるよう、日本で数台しかない管理システムを導入。これらを学生が実際に使用して経営管理能力を身につけるための授業カリキュラムが構築されています。

「管理栄養士海外研修」の実施

健康栄養学科では、国際的視野を持つ管理栄養士を育成するために、希望学生を対象とした海外研修を行っています。カリフォルニア大学デービス校で行われるこの研修では、栄養や食生活の問題をグローバルな視点でとらえるほか、現地の管理栄養士(Registered Dietitian)や英語教師、学生などさまざまな人々との交流を通して、英語を使ったコミュニケーションの幅を広げます。
さらにホームステイ体験を通して異文化コミュニケーション能力と自立心を養うことも、この研修の重要なテーマのひとつです。将来的に留学を希望している学生にとっては、貴重な研修の役割を果たします。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.