本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > カリキュラム  > 科目紹介  > 専門基幹科目

専門基幹科目

専門基幹科目についてご紹介します。


(*は必修科目)

基礎栄養学

基礎栄養学(*)栄養素が人体にとって必須のものであり、その過不足が疾病を引き起こすことが講義の出発点になる。栄養学の歴史上、脚気の発生を防ぐ物質としてビタミンB1が発見されたことの意義は大きい。つづいて摂食の制御、そして栄養素の消化、吸収について理解する。
栄養生理学栄養をキーワードに人間の基本的生活活動の機構を学習し、栄養の生理的効果や栄養による健康の保持増進について理解する。身近な生活の中の生理現象に関心を持ち、生活習慣病等予防を心がける態度を養う。

応用栄養学

応用栄養学(*)妊娠や発育、加齢など人体の構造や機能の変化に伴う栄養管理の考え方を理解し、個人および集団の栄養状態の評価・判定(栄養アセスメント)の基本的考え方を習得するとともに、健康への影響に関するリスク管理の基本的考え方や方法についても理解する。
母子栄養学(*)妊娠・授乳期や成長期における身体状況、生理的特徴、栄養状態などについて理解する。また、母子栄養に関する栄養マネジメントの基本的考え方や方法について理解を深める。
加齢栄養学加齢による生理機能、免疫機能、栄養代謝の変化などの特性、栄養上の問題点、疾病について理解した上で、老年期における栄養マネジメントの理論と方法を学ぶ。
スポーツ栄養学「基礎栄養学」で学んだことを踏まえ、競技特性や身体状況に適した食事やアスリートへの指導ができる応用力を身につける。

栄養教育論

栄養教育論(*)対象の健康の維持・増進、疾病予防、疾病治療・リハビリテーションなどにおける栄養教育の意義、管理栄養士の役割と業務内容について学ぶ。
栄養教育各論(*)人々のQOL(Quality of Life)を高めることを目指した栄養・食生活改善を目的として、健康・栄養・食生活情報の収集と分析、栄養アセスメント、企画、行動科学に基づく栄養教育の実施、評価及びその総合的マネジメントを行うための理論と方法を習得する。
栄養カウンセリング論栄養カウンセリングにおいて、ガイダンス(指導)・カウンセリング法のそれぞれの違いと効果をわきまえ、クライエントの視点を理解した展開と栄養指導法を学ぶ。
健康行動科学保健医療従事者として、健康や病気をめぐる人間行動について行動科学的に理解を深めていく。そして、コミュニケーションスキルを中心としたソーシャルスキルの習得を目標にする。

臨床栄養学

臨床栄養学総論(*)臨床における栄養管理の意義、栄養アセスメント方法、検査値の見方を判定について述べ、栄養ケアプラン作成方法、栄養補給法、栄養教育実施方法、効果判定、チーム医療、医療・介護制度、病院給食について解説する。
臨床栄養学各論(*)傷病者の病態や栄養状態の特徴に基づいた適正な栄養管理を行う能力を習得する。傷病者の健康・栄養状態の対応した食事療法および栄養療法の理論と方法について栄養性疾患、消化器疾患、循環器疾患、代謝性疾患などの主要疾患別に学習する。
細胞情報栄養学ゲノム科学の手法を含めて、分子細胞生物学で多用される方法の概要を理解する。栄養素の動態と代謝の制御について、いくつかのトピックスを取り上げ、機構が解明されたプロセスから最近の知見まで学ぶ。
栄養アセスメント論健康・栄養状態について各種データの意味を理解し、栄養アセスメントに基づいた栄養ケアプランの作成が出来る能力を養う。病態・栄養アセスメント、ケアプランを行うことが出来る技能を習得する。
栄養ケアマネジメント論対象者個々人の栄養状態を維持、改善する栄養管理を行うために、栄養ケアプランの作成・実施・評価に関する総合的なマネジメントの考え方を理解し、栄養状態の評価と判定、栄養素補給量設定と補給経路の選択、栄養教育などを実施するために必要な知識と技術を習得する。
介護概論栄養士、管理栄養士を目指す学生が、常に社会に目を向け、生涯にわたって社会に貢献できるようになるために、介護に関する基本的な精神と知識・技術を身につけることをねらいとしている。
口腔機能論健康を科学する上で、顎・口腔・歯の健康を論ずることは重要で、忘れてはならない臨床栄養学の一分野である。
運動療法論生活習慣病の運動療法や生涯スポーツとして役立つ運動の種類(種目)と指導方法および注意点について講義を行う。また、医療保険における生活習慣病指導管理科など、現行の医療保険制度上における指導管理の位置づけについても述べる。

公衆栄養学

公衆栄養学(*)疾病構造、国民健康・栄養調査の結果の動向や国民健康づくり運動「健康日本21」等の公衆栄養行政の施策を理解する。各種のサービス、プログラムの調整、栄養情報の管理、人的資源など社会的資源の活用、コミュニケーションの管理等の仕組みについて学ぶ。
公衆栄養活動論ヘルスプロモーションの概念を念頭に、地域や職域等の健康・栄養問題とそれを取り巻く自然、社会、環境、経済、文化的要因・資源に関する情報を収集・分析し、地域・職域レベルでの活動を理解し、それらを総合的に計画・実施・評価・判定する能力を養う。
環境健康医学健康の維持・増進や疾病の予防には環境との関わりが深いことを理解し、健康に影響を及ぼす自然環境や社会環境などの環境要因のうち、改善が必要なものについてはよりよいものにしていく方策を考える。

給食経営管理論

給食経営管理論(*)給食運営や経営に関わる人的、物質的な資源を総合的に判断し、栄養面、経済面、安全面全般のマネジメントを行うことができる能力を養う。
フードマーケティング論マーケティングの基本を、主として食品企業の例を参考にしながら、(1)マーケティングの概念、(2)製品・価格戦略、(3)流通・販売促進戦略などについて学ぶ。
フードシステム論食品の生産から消費までの流れを、川上の農林水産省、川中の食品製造業・食品卸売業、川下の食品小売業・外食産業を経て、最終の消費者の食生活に至る総合的なシステムとして理解する。
フードサービス論本講義では、近年におけるグルメ嗜好の高まりによって増加しつつある外食産業におけるフードサービスについて概説する。文化・慣習といった側面的要素も取り入れ、幅広い知識を有する管理栄養士として活動できるように指導する。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.