本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > カリキュラム  > ゼミ紹介

ゼミ紹介

健康栄養学科のゼミについてご紹介します。


給食経営管理

担当教員井澤幸子
研究課題
  • 給食経営管理実習で作成した帳票類・実施した事(献立表・衛生管理・作業工程・アン ケート調査など)を考察・分析する。
  • 給食の利用者を対象に食生活・健康管理に関する実態や意識について調査し考察・分析する。
  • 特定給食施設の現況を知り考察する。今年度は、高齢者の入所施設で実施している嚥下食について現状と課題について考察する。

生物化学(生化学)

担当教員市原啓子
研究課題生体の機能について、生化学実験や人体構造機能学実験で学んだことを基礎として、組織や細胞など構造の変化、構成成分の変化や遺伝子発現の変化などについて研究します。テーマは、神経栄養因子のはたらき、細胞間接着のしくみなどを考えています。実験の方法は、組織切片の作成と顕微鏡観察、生化学的な実験、遺伝子組換え実験となりますが、実験の目的に応じて選択します。具体的な課題や実験方法については、学生と個別に相談して決めます。

食品機能学

担当教員上野有紀
研究課題「植物性食品素材が持つ生理機能に関する研究」
酸化ストレス、炎症、肥満、糖尿病、植物性食品素材などに着目し、各自で実験を行い、論文にまとめます。様々な測定技術を習得します。

人体構造学

担当教員宇野智子
研究課題大学に入ってから今まで勉強したことから、自分たちでテーマをみつけましょう。各自の設定したテーマについて、実験、調査による研究を行い、最終的には卒業研究としてまとめます。

食品機能化学

担当教員大澤俊彦
研究課題アントシアニン類やフラボノイド類、イオウ化合物など、機能性食品分子に関し、酸化ストレス予防機能や皮膚老化抑制効果、動脈硬化予防機能などを分子レベルで解析する。機器分析法を用いた有機化学的解析と共に、DNAマイクロアレーやプロテインチップを用いた機能評価法の最新の技術を習得する。

栄養教育学

担当教員酒井映子
研究課題食生活改善に関する基礎的研究:地域における食生活調査(食習慣に関するアンケート調査、食物摂取状況調査など)を実施し、食行動の変容をはかるための方法について検討します。
研究テーマは

  1. 小学生低学年のう蝕と食生活習慣との関連、
  2. 地域に根ざした食育の推進とその評価法、
  3. ヘルスプロモーションにおける食習慣づくりのPDC(計画、実施、評価)

などです。

臨床栄養学

担当教員末田香里
研究課題大豆製品・乳製品の食後高血糖抑制効果: 米飯とともに摂食する大豆製品・乳製品の

  1. 食品形態、量
  2. 食品の組み合わせ効果
  3. 食品の摂取時刻(朝・昼・夕方)

を検討する。
さらに食後血糖と主にインスリンなどのホルモン濃度も測定し、血糖上昇抑制の作用機序についても検討する。

分子栄養学 

公衆栄養学

担当教員森圭子
研究課題公衆栄養学では、「集団」と、「健康・栄養改善」を満たせばOKです。
半年間は

  1. 文献検索できる
  2. 論文の構成を理解できる
  3. 卒論テーマの決定

のために、8名の学生がそれぞれ興味を持っている分野の文献紹介を繰り返しました。選択科目の関係上2つに分かれましたが、他のグループの文献も読んでみたいという積極的な意見が沸きあがりました。それくらい論文は面白いのですね。その上で今年度の共通テーマは「野菜と果物の摂取量増加への検討」と「日本型食生活推進への検討」に関するものになりそうです。頑張りを期待しています。

公衆衛生学

担当教員渡邉智之
研究課題高齢者、認知症に関する研究、その他公衆衛生学的アプローチによる研究全般について研究します。この分野に興味があり、やる気のある方は一緒に頑張ってみませんか?
ゼミの飲み会も企画していますので、教員・ゼミ生との仲も深まると思います。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.