本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 末田香里

末田香里

学生へ、あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

広大な敷地、緑に囲まれたキャンパス。ゆったりのびのびした環境のもとで、4年間自分の生き方、日本の将来を考えてみてください。

総合大学です。学ぶ気になれば科目の選択もいっぱい、クラブ活動も選り取り見取り、いろんな人との出会いがあります。新しいことにチャレンジし、友達をつくってください。


職位・学位・資格

教授・医学博士・管理栄養士、第一種放射線取扱主任、高等学校教諭一級(家庭)、中学校教諭一級(家庭・保健)

担当科目

臨床栄養学各論、栄養アセスメント論、臨床栄養管理実験、栄養生理学

最近の研究上の関心

  • 日常の食事におけるグリセミックインデックス
  • 安静時エネルギー代謝量、体組成の変動
  • 嗅覚感受性の月経周期内変動
  • 長期療養病床、超高齢患者の栄養状態

最近の研究業績

  1. 安静時エネルギー代謝量、体重および体組成の年内変動、名古屋女子大学紀要53,119-124(2007)(共同研究)
  2. 嗅覚感受性における月経周期内変動と学習効果、日本味と匂い学会誌13(3)、605-608(2006) (共同研究)
  3. 月経周期内の体組成と安静時エネルギー代謝量、名古屋女子大学紀要52,39-43(2006)(共同研究)
  4. カルシウム補給が月経前緊張症に及ぼす影響、名古屋女子大学紀要51,45-51(2005)(共同研究)
  5. The role of calcium supplementation in premenstrual syndrome、Abstracts 18th International Congress of Nutrition September 19-23, 2005, Durban, South Africa p369
  6. 自発的走行運動が成長期雄・雌ラットの体重、骨量に及ぼす効果、栄養学雑誌62(6)、339-346(2004)(共同研究)
  7. 中国吉林省延辺朝鮮族自治州の朝鮮族の食生活-延吉市内朝鮮族と漢族の食事状況-、栄養学雑誌62(2)、95-102(2004)(共同研究)
  8. 月経周期における味覚感受性、名古屋女子大学紀要50, 29-34(2004) (共同研究)
  9. 月経周期における嗅覚感受性の変化-アンドロステノール、シクロペンタデカノリドおよびフェニルエチルアルコール-、日本味と匂い学会誌10(3)、557-560 (2003) (共同研究)
  10. 月経周期内のアンドロステノン嗅覚感受性、AROMA RESEARCH 16, 355-359 (2003)(共同研究)
  11. Changes in olfactory perceptions during the menstrual cycle、Jpn J Physiol 53, Suppl., p281(2003)

略歴

1972年奈良女子大学大学院家政学研究科修士課程修了
1972年神戸学院大学栄養学部助手
1977年名古屋大学大学院医学研究科博士課程入学(昭和56年まで)
1984年名古屋大学医学博士
1985年名古屋女子大学家政学部専任講師
1989年名古屋女子大学家政学部助教授
1995年名古屋女子大学家政学部教授(平成20年3月まで)
1998年名古屋女子大学大学院生活学研究科教授(博士前期課程)(平成20年3月まで
2008年愛知学院大学心身科学部教授、現在に至る

自己紹介と趣味

毎年4月29日と10月末の日曜日鈴鹿の山に出かけています、一緒に行きませんか?

通常郵便の宛名

〒470-0195 日進市岩崎町阿良池12 愛知学院大学心身科学部健康栄養学科

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.