本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 渡邉智之

渡邉智之

学生へ、あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

日本人の平均寿命は世界的にもトップクラスの水準にあります。しかし、寿命が長いだけが本当の幸せでしょうか?寿命が長くても健康でなければ生活の質(QOL)は低下し、その人にとって幸せな人生とは言えません。健康で長生きするために必要なものは様々ですが、その中でも重要な要素としてあげられるのが「栄養」です。健康栄養学科では、管理栄養士となるために必要な知識や、技術を身につけるためのサポートをしていきたいと考えています。また、一人でも多くの仲間を作って勉学以外のことにも積極的にチャレンジし、充実した学生生活を送ってください(但し、やり過ぎには注意してください)。


職位・学位・資格

教授・博士(医学)・福祉住環境コーディネーター2級

担当科目

公衆衛生学、公衆衛生学実習、健康管理概論、医療福祉概論、環境健康医学

最近の研究上の関心

  • 認知症の人の運転評価手法の開発
  • 高齢者の生活習慣と認知機能の関連
  • 寿命延長への寄与からみた都道府県格差

最近の研究業績

1.Watanabe T, Konagaya Y, Yanagi T, Miyao M, Mukai M, Shibayama H. Study of Daily Driving Characteristics in Patients with Dementia Using Video-Recording Driving Recorders. Journal of American Geriatrics Society, 60(7), 1381-1383, 2012.
2.武藤志真子(編), 石川元康, 岡崎眞, 河村敦, 坂井真奈美, 吉澤剛士, 渡邉智之. 管理栄養士・栄養士のための統計処理入門. 建帛社, 2012.
3.Sato Y, Kondo K, Watanabe T, Sone H, Kobayashi M, Kawamori R, Tamura Y, Atsumi Y, Oshida Y, Tanaka S, Suzuki S, Makita S, Ohsawa I, Imamura S. Present situation of exercise therapy for patients with diabetes mellitus in Japan: a nationwide survey. Diabetology International, 3(2), 86-91, 2012.
4.Yokochi M, Watanabe T, Ida K, Yoshida K, Sato Y. Effects of physical exercise prescribed by a medical support team on elderly lower extremity osteoarthritis combined with metabolic syndrome and/or type 2 diabetes. Geriatrics and Gerontology International, 12(3), 446-453, 2011.
5.Goto H, Watanabe T, Miyao M, Fukuda H, Sato Y, Oshida Y. Cancer mortality among atomic bomb survivors exposed as children. Environmental Health and Preventive Medicine, 17(3), 173-182, 2011.
6.渡邉智之, 小長谷陽子. 地域在住高齢者の社会活動と食習慣との関連性. 愛知学院大学 心身科学部紀要, 第6号, 45-51, 2010.
7.Nagai H, Odawara T, Ajisawa A, Hagiwara S, Watanabe T, Uehira T, Uchiumi H, Yotsumoto M, Miyakawa T, Watanabe A, Kambe T, Konishi M, Saito S, Takahama S, Tateyama M, Okada S. Whole brain radiation alone produces favourable outcomes for AIDS-related primary central nervous system lymphoma in the HAART era. European Journal of Haematology, 84, 499–505, 2010.
8.渡邉智之. 認知症ドライバーの現状と問題点 ~これまでの研究による知見から~. 労働科学研究所出版部, 労働の科学, 64(11), 14-17, 2009.
9.渡辺智之, 藤掛和広, 鈴木亮子, 小長谷陽子, 尾之内直美, 柴山漠人. 介護家族から見た認知症高齢者の自動車運転の実態調査. 日本医事新報, 4443, 89-93, 2009.
10.渡邉智之, 大澤 功, 佐藤祐造. 糖尿病運動療法の現状-「糖尿病運動療法・運動処方確立のための学術調査研究」中間報告から-. 医歯薬出版株式会社, プラクティス, 26(3), 264-270, 2009.
11.Park M, Taki T, Oda M, Watanabe T, Yagi KY, Kobayashi R, Suzuki N, Hara J, Horibe K and Hayashi Y. FBXW7 and NOTCH1 mutations in childhood T cell acute lymphoblastic leukaemia and T cell non-Hodgkin lymphoma. British Journal of Haematology, 145(2), 198-206, 2009.
12.Nagai H, Yano T, Watanabe T, Uike N, Okamura S, Hanada S, Kawano F, Sunami K, Inoue N, Sawamura M, Nishiura T, Hotta T and Horibe K. Remission induction therapy containing rituximab markedly improved the outcome of untreated mature B cell lymphoma. British Journal of Haematology, 143(5), 672–680, 2008.
13.Watanabe T, Miyao M, Honda R and Yamada Y. Hiroshima Survivors Exposed to Very Low Doses of A-bomb Primary Radiation Showed a High Risk for Cancers. Environmental Health and Preventive Medicine, 13(5), 264-270, 2008.
14.渡辺智之, 小長谷陽子, 藤掛和広, 宮尾 克, 柴山漠人. 認知症ドライバーの運転に関する意識調査. 社会医学研究, 2007; 24: 57-66.
15.Furukawa T, Wakai K, Yamanouchi K, Oshida Y, Miyao M, Watanabe T and Sato Y. Associations of periodontal damage and tooth loss with atherogenic factors among patients with type 2 diabetes mellitus. Internal Medicine, 2007; 1359-1364.
16.Konagaya Y, Washimi Y, Hattori H, Takeda A, Watanabe T, and Ohta T. Validation of the telephone interview for cognitive status (TICS) in Japanese. International Journal of geriatric psychiatry, 2007; 22: 695-700.
17.渡辺智之, 藤掛和広, 宮尾克, 小長谷陽子, 柴山漠人. 高齢者の運転状況と認知症ドライバーに関する研究. 日本医事新報, 2006; 4295: 81-4.
18.渡辺智之, 水野 裕, 大森正子, 福田博美, 宮尾 克, 大沢 功, 佐藤祐造, 長谷川敏彦. 循環器疾患死亡によるコホート生命表への影響. 厚生の指標, 2003; 50(15): 14-8.
19.Watanabe T, Omori M, Fukuda H, Takada H, Miyao M, Mizuno Y, Ohsawa I, Sato Y and Hasegawa T. Analysis of sex, age and disease factors contributing to prolonged life expectancy at birth, in cases of malignant neoplasms in Japan. Journal of Epidemiology, 2003; 13(3): 169-75.
20.W atanabe T, Omori M, Fukuda H, Takada H, Miyao M, Ohsawa I, Oshidsa Y, Sato Y and Hasegawa T. Influence of death from circulatory diseases on life expectancy at birth in Japan. Journal of Epidemiology, 2002; 12(6): 450-6.

略歴

1998年名古屋大学理学部数学科 卒業
2000年名古屋大学大学院多元数理科学研究科 博士前期課程 修了
2003年名古屋大学大学院医学系研究科 博士後期課程 修了
社会福祉法人仁至会 高齢者痴呆介護研究・研修大府センター 研究員
2005年独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター 臨床研究センター 流動研究員
2007年社会福祉法人仁至会 認知症介護研究・研修大府センター 研究主幹
2008年愛知学院大学心身科学部健康栄養学科 講師
2011年同 准教授
2017年同 教授、現在に至る

自己紹介と趣味

テニス、ソフトボール(の後の一杯も)。
スポーツ観戦、音楽・映画鑑賞(最近あまりできませんが)。

通常郵便の宛名

〒470-0195 日進市岩崎町阿良池12 愛知学院大学心身科学部健康栄養学科

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.