本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 健康科学科の特徴

健康科学科の特徴

健康科学科の「学びの特色・学びの領域」についてご案内します。


学びの特色

医学的な見地から健康にアプローチ

医学的な見地に基づき予防・治療の両面から健康にアプローチする、全国でも数少ない学科です。そのベースとなるのが各教員独自の研究成績(エビデンス)。体の構造や機能に関する深い知識に基づき、新しい「健康科学」のあり方を追求していきます。

「健康日本21」をふまえたカリキュラム

「健康日本21」とは、2000年に国が提示した健康づくりの指針。高齢社会への対策として主体的な健康づくりの大切さを呼びかけたものです。この考え方をふまえ、疾病の一次予防に重点を置いて健康に貢献できる人材を育成しています。

幅広い進路につながる資格取得プログラム

健康科学科の大きな特長が、「健康運動指導士」や「保健体育教員」、「養護教諭」、「言語聴覚士」など取得できる資格の多さ。医療、福祉、教育、健康増進などの分野で、人々の健康づくりをサポートする指導者になることが可能になります。

学びの領域

各分野のスペシャリストをめざす3コース

スポーツ科学コース体育やスポーツを通して健康を維持するための運動について学ぶコースです。医学的な知識をベースに、健康管理や健康増進における運動の役割を学びます。生活習慣病だけでなく高齢者や障害者などの運動療法も研究し、幅広い対象に運動指導ができる健康運動指導士を養成。保健体育教員、スポーツトレーナーも養成します。
健康開発科学コース基礎的な医学、環境など、健康を考える上での基本的なテーマに取り組み、養護教諭をはじめ、健康問題や環境問題への対策を提言できる人材を育成。基礎医学、臨床医学、環境健康医学の最先端の研究情報を取り入れます。健康開発プログラム作成のための実践的カリキュラムも用意されています。
言語聴覚科学コース言語聴覚士資格の取得を目標としたコースです。高度な知識と専門的な技術、豊かな人間性を養うことを目的に、高齢社会のニーズに応えることのできる言語聴覚士を養成します。本学歯学部附属病院を使っての実習、現役の言語聴覚士による指導など、充実したサポート体制が生かされています。

実際の医療現場で学ぶ看護実習

病院での看護体験を通して養護に必要な知識と技術を修得する、実践的な学びの場。それが、看護実習です。病院の機能や医療チームメンバーの役割を理解するとともに、各部門の協力体制について学習。患者さんや家族とのふれ合いを通して治療状況や生活背景を知り、予防的な見地から生活を支援する方法を考えていきます。

「言語聴覚士」 国家試験での合格率94.4%

言語聴覚士とは、「ことば」や「きこえ」に何らかの問題がある人に対し、リハビリテーションや検査、指導、助言などの援助を行う専門家。小児からお年寄りまでのコミュニケーションを支える仕事に携わります。この資格の国家試験における健康科学科の合格率は94.4%と、全国平均64.8%を大きく上回っています。(2009年度実績)

学生主体で開催される 「スポーツ祭」

健康科学科では、毎年秋に「スポーツ祭」を開催しています。このイベントは、学生たちが健康や運動、スポーツに触れる楽しさを実感する場としてスタートしたもの。学生自らが実行委員会を作り、教員がサポートする形で行われています。2009年の同イベントには、健康科学科の学生や教員、約300名が参加しました。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.