本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 在学生メッセージ

在学生メッセージ

在校生からのメッセージをご紹介します。


子どもと接する機会を生み出す

心身科学部 健康科学科 3年
石井 絵美夏さん

将来の夢は「養護教諭」。健康開発科学コースに所属し、基礎的な医学や健康管理、心身の健康などはもちろん、養護教諭の心構えなどを幅広く学んでいます。
たとえば予防医学の授業では、児童のけがや疾病の応急処置をはじめ健康診断、保護者との接し方など、保健室で起こりうる事例をロールプレイでおこなう中で、養護教諭の役割とその重要性を実感しました。
また学内だけにとどまらず、児童養護施設でのボランティアにも参加。積極的に子どもと接する機会をつくり、学生のうちから養護教諭としての意識を高めたいと思っています。

運動をテーマに独自の視点で研究

心身科学部 健康科学科 4年
斎藤 萌美さん

ゼミでは「体幹筋力と遠投距離の関係性」をテーマに研究をおこないました。
腹筋力・背筋力と遠投距離を測定。結果としてこれらの筋力が遠投距離に大きく関係していることが分かりました。 研究のテーマやプロセスを考え、結論を導き出すことに難しさを感じましたが、授業で学んだ内容を振り返りながら自分なりの答えを見つけていきました。
一人ひとりの学生が明確な目的意識を持って学業に取り組んでいるのが、健康科学科の特長です。 この学科で身につけたスポーツや健康に関する知識を活かし、卒業後は多くの人々の健康づくりのお手伝いをしたいと思います。

臨床実習に向けた多様なサポート

心身科学部 健康科学科 4年
五味 亜沙紀さん

話す、聞く、読むといった能力に障がいをもつ人をサポートする、「言語聴覚士」をめざして勉強しています。
4年次におこなわれる臨床実習に向けて、検査手順や評価方法を学ぶ授業や現役の言語聴覚士の先生方による授業などがあり、臨床現場についても理解を深めることができました。
さらに臨床実習に参加した先輩たちから体験談を聞いたり、疑問や不安があればアドバイスをいただいたり。
先輩や後輩の枠を超えて、同じ目標をもった仲間たちと協力しながら学ぶことができ、人と人とのつながりの中で成長することができたと思います。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.