本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 受験生の方へ

受験生の方へ

健康科学科では、超高齢化を迎える21世紀の日本において、最も重要な社会的問題の一つである健康について総合的に学びます。教員は医師、歯科医師、臨床心理士、言語聴覚士、看護師、運動指導士、生化学者など多彩なスタッフで構成されています。机上の空論ではない現実問題を直視した観点から教育指導を行いますので、学生には理解しやすいものとなっています。

本学科の教育課程編成の基本方針は、子どもから高齢者まで生涯を通じた心身の健康づくりをトータルに指導できる健康づくり指導者を育成する、という具体的教育目標を大前提としています。すなわち、生活習慣病患者およびその予備軍、高齢者など半健康状態の人、また一見、健康状態に見える人がより高い健康度、活動度、QOL(生活の質)を維持できるように、運動、栄養、心の健康の各側面からアプローチし、指導できる人材を育成します。
 
「健康」を科学的視点からとらえ、身体健康(栄養・運動)、心の健康、環境健康の面から健康づくり、健康増進を達成する方法の探究に努めるだけでなく、その基盤である内分泌代謝学的、分子生物学的メカニズムを遺伝子レベルまでに掘り下げ、検討を加える研究も行います。  情報処理教育も重視し、基礎から応用へと系統的に学習する機会を与え、専門分野の研究や卒業後に健康づくりの実践に携わる際、コンピュータを積極的に活用することができる能力の育成も目指します。
本学科では、卒業後の進路別に「健康開発科学コース」「スポーツ科学コース」「言語聴覚科学コース」を設け、それぞれ関連する専門展開科目を教育します。

また、保健体育・保健・養護教諭の教員免許、健康運動指導士、健康管理士、ヘルスケアリーダー、言語聴覚士等の各種資格取得に必要な専門選択科目を多く開講します。

「スポーツ科学コースパンフレット」ダウンロード


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.