本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 学生生活  > We can Change!  > 大瀧 貴嗣さん(6期生)

大瀧 貴嗣さん(6期生)

もう一つの顔は・・・「サッカーコーチ」


コーチを始めたきっかけは?

サッカーをずっとやっていて、サッカーの指導に興味を持っていました。そんなときに中学校時代の恩師に誘っていただきました。

コーチのやりがいは?

子どもたちの「できた!!」と言う時の笑顔を見る時です。また年間通して子どもたちと関わり、サッカーだけでなく人間としての成長を感じられた時です。

普段の時とコーチをやっている自分は違う?

1人の指導者として常に責任感を持って指導しているので、緊張感は普段よりあると思います。ただどちらも楽しみながら行っているという点は同じです。

両立して良かったことは?

授業で学んだ指導法やトレーニングを実践することができ、授業や指導によい影響があります。また実際の子どもに教えることで指導の経験を積むことができます。

両立する上で心がけていることは?

健康科では教わる立場ですが、コーチは教える立場なので、自分の立場を意識して行っています。またどちらの活動も楽しくできるように常に笑顔で元気よく行っています。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.