本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 伊藤 高行  Takayuki Itoh

伊藤 高行  Takayuki Itoh

学生へ、あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

私は医学研究者として20年以上の間、アメリカから日本を眺める機会に恵まれました。私が日本を離れてから生まれた子供達が皆さんです。その間に日本も世界も大きく変化してきました。例えばアメリカでは日本の製品が次々とアメリカの市場から消え、かわりに中国や韓国など日本以外のアジアの製品や人がどんどん増えてきました。日本の中でこれまで様々な壁で守られて大切に育てられた皆さんにはまだ実感できないかもしれませんが、グローバリゼーションというこれまでに経験したことのない世界規模の競争の嵐に日本も巻き込まれ、その中で皆さんが明日の日本を支えることになります。

皆さんには、心身科学部での学びを通して国内のみならず世界にも通用する知識や技能を備えた社会人になることをぜひ目指してもらいたいと思っています。


職位・学位・資格

教授、博士(医学)、日本脳神経内科学会認定専門医

担当科目

健康医学、先端医療概論、生涯健康論、救急・応急講義・演習、喫煙と健康論

通常郵便の宛名

〒470-0195 日進市岩崎町阿良池12 愛知学院大学心身科学部健康科学科

最近の研究上の関心

自分という存在が、感じ、考え、体を自由に操れるのは脳とそれにつながる神経のおかげです。高度な肉体的パフォーマンスも世界を変えるアイデアもすべて神経活動の産物です。一方で、脳や神経に障害が起こった場合、生活するうえでの様々な不具合が、場合によっては一生続きます。脳や神経への障害は病気によることも、あるいは怪我によることもあります。これらを防いだり、また何とか治すことができるのか、ということを研究、実践する神経科学、脳神経内科学を専門としてきました。

最近の研究業績

Horiuchi M, Suzuki-Horiuchi Y, Akiyama T, Itoh A, Pleasure D, Carstens E, Itoh T (2017) Differing intrinsic biological properties between forebrain and spinal oligodendroglial lineage cells. Journal of Neurochemistry 142(3): 378-391.
Itoh T (2015) Neuron-oligodendrocyte interaction in neuroinflammation. Clinical Experimental Neuroimmunology 6: 232-244.
Itoh T, Horiuchi M, Ikeda Jr RH, Xu J, Bannerman P, Pleasure D, Penninger JM, Tournier C, Itoh A (2014) ZPK/DLK and MKK4 form the critical gateway to axotomy-induced motoneuron death in neonates. Journal of Neuroscience 34: 10729-10742.
Horiuchi M, Wakayama K, Itoh A, Kawai K, Pleasure D, Ozato K, Itoh T (2012) Interferon regulatory factor 8/ Interferon consensus sequence binding protein is a critical transcription factor for the physiological phenotype of microglia. Journal of Neuroinflammation 9: article 227.
Horiuchi M, Maezawa I, Itoh A, Wakayama K, Jin LW, Itoh T, Decarli C (2012) Amyloid beta 1-42 oligomer inhibits myelin sheet formation in vitro. Neurobiology of Aging 33: 499-509.
Sohn J, Selvaraj V, Wakayama K, Orosco L, Lee E, Crawford SE, Guo F, Lang J, Horiuchi M, Zarbalis K, Itoh T, Deng W, Pleasure D (2012) PEDF is a novel oligodendrogenic morphogen acting on the adult SVZ and corpus callosum. Journal of Neuroscience 32:12152-12164.
Itoh A, Horiuchi M, Wakayama K, Xu J, Bannerman P, Pleasure D, Itoh T (2011) ZPK/DLK, a mitogen-activated protein kinase kinase kinase, is a critical mediator of programmed cell death of motoneurons. Journal of Neuroscience 31: 7223-7228.

略歴

1984(昭和59)年名古屋大学医学部医学科卒業
1993(平成5)年名古屋大学大学院医学研究科修了
1995(平成7)年米国ペンシルバニア大学医学部神経内科・フィラデルフィア小児病院へ留学
1998(平成10)年米国ペンシルバニア大学医学部神経内科助教
2005(平成17)年米国カリフォルニア大学デービス校医学部神経内科准教授
2017(平成29)年愛知学院大学心身科学部健康科学科教授

自己紹介と趣味

「サイエンス」ならば、生命活動の奥深さから宇宙の時空間の広がりまで何でも面白いと思います。
それらを考えていると、私たちに今この時代に偶然に与えられている刹那が非常に貴重に思われてきます。
他に、鉄道・旅行・温泉、写真、天体観望、野山の散策、音楽鑑賞。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.