本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 牧野日和

牧野日和

トライアンドエラーの精神に誇りを!

この大学で、教員とともに心身を鍛え上げましょう。

そして卒業後、最先端の知識や技術の習得と臨床応用に加え、こうしている今も現場で苦しみ続けている当事者やご家族と「生きることの輝き」を共感し合える心豊かな人材へと成長してください。


職位・学位・資格

・准教授

・博士(歯学)
・言語聴覚士(第1627号)
・日本心理学会認定心理士(第21284号) 
・日本言語聴覚士協会 認定言語聴覚士 摂食・嚥下障害領域(第14-044号)
・日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士(第180582号)

最近の研究上の関心

「口から始まる病気と健康」
FMふくやま:RADIO BINGO.ラジオ放送局にて。

摂食嚥下障害児者に対する評価および支援法の開発
口腔ケアの効果測定と支援法の開発
脳性麻痺児者に対する評価および支援法の開発
子どもの成長と発達およびそれらの障害児者への支援に関する研究
家族の心理と支援に関する研究

最近の研究業績

<著書など>
1.牧野日和ほか:今日の治療指針2012-構音障害.医学書院(東京),1290-1291,2012.
2.牧野日和ほか:口から食べるを支援する 摂食嚥下の機能を維持するケア.中央法規出版(東京),おはよう21 8月号,11-27.2013.
3.牧野日和:「口から食べる」を支えるケア(全12回).中央法規出版(東京),おはよう,2013-2014(連載12冊).
4.牧野日和:加工食品でできる 簡単やわらか食 食べる人にも作る人にもやさしいレシピ(全12回).中央法規出版(東京),おはよう,2015-2016(連載12冊).
5.牧野日和:介護職のための「食べる」機能を維持するケア(全18回)おはよう,2016-2017(連載18冊).
6.牧野日和ほか:口唇口蓋裂Q&A140.医歯薬出版株式会社(東京),88・96-97,2014.
7.牧野日和:口から食べる支援 ~お食い締めの観点から~.訪問リハビリテーション学会(名古屋),51-57,2016
8.牧野日和ほか:言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学 第2版.医学書院(東京),219-221,2016.
9.牧野日和:終末期患者への食支援.メジカルフレンド社(東京),看護技術 8月号,38-41,2016.
10.牧野日和:最期まで口から食べるために 「むせ込み」「誤嚥性肺炎」を繰り返す 食形態の変更のタイミング①.全国高齢者施設看護師会(大阪),2017.
11.牧野日和:歯科医師が知っておくべき嚥下食の知識.日本歯科医師会雑誌(東京).33-40,2017.
12.牧野日和:「食べられない」を予防する体操.名古屋リビング新聞社(愛知),介護と老後 1月号,74-77,2017.
13.牧野日和ほか:命の質の思いをはせて… 人生最後の食事「お食い締め」.中央公論新社(東京),婦人公論 3月27日号 よい医師、よい病院、よい治療法,36-39,2018.
14.牧野日和:人生最後の食支援を問う「お食い締め」-死から生まれるもの.メジカルフレンド社(東京),看護技術 9月号,56-67,2018.
15.牧野日和:最期まで口から食べるために 胃ろうから経口摂取を始める・看取り期を支えるお食い締め支援②.全国高齢者施設看護師会(大阪),2018.
16.牧野日和:今日の治療指針2019-構音障害.医学書院(東京),2019.

略歴

<学歴>
・福井医療技術専門学校(現.福井医療短期大学)
・愛知学院大学大学院歯学研究科

<職歴>
・社会福祉法人びわこ学園 第一びわこ学園 言語聴覚士
・札幌医療科学専門学校 言語聴覚学科講師
・学校法人同志舎 言語聴覚学科長
・名古屋医専 言語聴覚学科長

・日本言語聴覚士協会          教育部会部員
・日本口腔ケア学会           理事(言語聴覚士会部会長兼任)
・日本音声言語医学会          会員
・日本摂食嚥下リハビリテーション学会  会員
・日本嚥下医学会            会員
・日本咀嚼学会             会員
・日本訪問リハビリテーション学会    会員
・日本口蓋裂学会            会員
・愛知県言語聴覚士会          会員
・International Cleft lip and Palate Foundation(ICPF) 会員

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.