本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 長崎大

長崎大

学生へ、あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

健康科学のプロフェッショナルを目指そう!
「運動」を通じて健康を保持・増進する学問 「健康科学」を学び、国民の生活の質(QOL)の向上に貢献しませんか


職位・学位・資格

准教授・博士(医学)

担当科目

運動生理学、運動栄養学、運動学(運動方法学を含む)、体育原理、体育社会学、スポーツ情報論、体育・スポーツ行政学、スポーツ科学、専門セミナー、卒業論文

指導方針卒業研究では、応用力と研究素養を身につけさせ、チ-ムワ-クの重要性も指導する。
抱負生活習慣病の予防に果たす身体運動の効果について、生理学的視点から、身体運動が体内代謝におよぼす影響を中心に教育・研究していきたいと考えている。
オフィスアワー月曜日:16時00分~18時00分
火曜日:16時00分~18時00分
水曜日:13時20分~17時00分
金曜日:13時20分~18時00分

通常郵便の宛名

〒470-0195 日進市岩崎町阿良池12 愛知学院大学心身科学部健康科学科

最近の研究上の関心

身体運動トレーニングが糖代謝を亢進させるメカニズム

最近の研究業績

書籍
運動療法(運動処方)実践ガイド 、長崎 大 他、佐藤祐造(編)文光堂 (東京)印刷中
生活習慣病の予防と運動、長崎 大 他、佐藤祐造(編)南江堂(東京)2003
高齢者運動処方ガイドライン、押田芳治、北村伊都子、長崎 大、佐藤祐造南江堂(東京)2002
翻訳
糖尿病と運動、長崎 大 他、佐藤祐造(監訳)大修館書店(東京)2002
雑誌
Exercise training prevents maturation-induced decreases in insulin receptor substrate-1 and phosphatidylinositol 3-kinase in rat skeletal muscle. Nagasaki et al., Metabolism, 2000,49:954-959
総説
糖尿病の代謝と運動の関係、佐藤祐造、長崎 大、ゆうゆう糖尿病2004,18-20
学会発表
Responses to retraining of glucose uptake in rat skeletal muscle. Nagasaki et al., Experimental Biology 2003, San Diego, California

略歴

1995年東海大学体育学部 卒業
1997年東海大学大学院 体育学研究科 修了
2001年名古屋大学大学院 医学研究科 修了
2004年厚生労働科学研究事業財団法人長寿科学振興財団 リサーチ・レジデント 退職
2004年愛知学院大学 心身科学部健康科学科 就任

自己紹介と趣味

スポーツ歴

小学校~大学:アルペンスキー競技
現在:全日本スキー連盟準指導員

趣味

スキー(趣味のレベルを超えている。現在の職業に就いたのはスキーがきっかけ)
ゴルフ(スコアがなかなか縮まらない。道具に傾倒しすぎ)
映画鑑賞(ハートブルー、主演キアヌ・リーブス、1991年。これを見て海が好きになった)
ハワイ(すべてを忘れさせて幸せな気持ちにさせてくれる)
デジタルガジェット(目新しい道具や仕掛け、機械などのちょっとした装置が好き)
工作(水道の配管から車の修理、コンピュータプログラミングまでなんでもやる。ラット用水泳プールも自作した)

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.