本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 水藤弘吏

水藤弘吏

学生へ、あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

運動を楽しむためには、適切な運動技術が必要となります。その運動技術をより効率的に習得するには、動作について深く理解すること一つの方法であると考えます。私が専門とするバイオメカニクスでは、力学・生理学・解剖学などを活用して、身体運動の“しくみ”を理解する応用的な学問です。私とともに、さまざまな身体運動の“しくみ”を解き明かしていきましょう。


職位・学位・資格

准教授・博士(教育学)・水泳指導員、ベーシック・サーフ・ライフセーバー、基礎スキー技能テスト1級

担当科目

バイオメカニクス、運動学(運動方法学を含む)、体力測定・評価演習、体育指導実技A(水泳)、スポーツ科学I・II、専門セミナー、卒業論文

通常郵便の宛名

〒470-0195 日進市岩崎町阿良池12 愛知学院大学心身科学部健康科学科

最近の研究上の関心

水泳の上肢動作に関するバイオメカニクス
競泳スタートに関するバイオメカニクス
疲労回復に関する処方について

Suito, H et al. (2008), The effect of fatigue on the underwater arm stroke motion in the 100 m front crawl. Journal of Applied Biomechanics, Journal of Applied Biomechanics, 24(4):316-324, 2008.
Suito, H et al. (2008), Evaluation of arm stroke technique in front crawl swimming. Proceedings of XXVI International Conference on Biomechanics in Sports, 613 - 616.
水藤 弘吏(2008)、競泳 -水上と水中の映像を分析する-、体育の科学、58 (11) :pp775-779.
水藤 弘吏ら(2015)、競泳のキックスタートパフォーマンスと等尺性・等速性脚筋力との関係 、水泳水中運動科学、18(1):pp.4-9.
Suito, H et al. (2017), A quantitative evaluation of the high elbow technique in front crawl. Journal of Sports Sciences, 35(13) :pp1264-1269.

最近の研究業績

略歴

2002年三重大学教育学部学校教育教員養成課程 卒業
2004年三重大学大学院教育学研究科修士課程教育科学専攻 修了
2008年名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士後期課程教育科学専攻 満了
2009年博士(教育学)名古屋大学 取得

自己紹介と趣味

映画館での映画鑑賞と、地域独特の食べ物を食べること

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.