本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 心理学科の特色

心理学科の特色

公認心理師、臨床心理士、特別支援学校教諭免許、言語聴覚士資格の取得が可能となるようにカリキュラムを整えています。


近年特に関心が高まっている心理支援(公認心理師・臨床心理士)
 本学心理学科は公認心理師養成のためのカリキュラムに対応しています。また、本学大学院の臨床心理士養成コースは日本臨床心理士資格認定協会に認可された第一種指定校です。ほとんどの心理学科教員が大学院を担当しますので、臨床の最前線に直結した教育が受けられます。

言語聴覚士国家試験受験資格を取得可能
 言語聴覚士とは、言語聴覚士法に定められた国家資格のひとつです。言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションや飲食物の飲み込みに問題がある人に専門的な立場からアプローチします。

特別支援学校教諭の免許を取得可能
 心理学科では特別支援学校教諭の免許を取得するために必要な幅広い科目を配置。障がいに関する知識・理解と専門性を身につけることができます。

実践的スキルを備えた公認心理師・臨床心理士を養成

 公認心理師とは、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、心理支援等の行為を行うことを業とする者をいいます。また、臨床心理士とは、心理的問題の解決や改善を支援する「こころの専門家」です。公認心理師・臨床心理士になるためには、こころに関する理論や支援の方法について、実践を通して体験的に学ぶ必要があります。

 地域の人々の心理的支援のために開設された「愛知学院大学心理臨床センター」は、公認心理師・臨床心理士養成のための実践的訓練の場でもあります。臨床研修生(大学院生)は、指導教員や専任カウンセラーの指導のもと、実際の相談業務に携わり、臨床経験を積んでいきます。

心理学的な知識を備えた言語聴覚士を養成

 言語聴覚士はことばによるコミュニケーションや飲食物の飲み込みに問題を抱える人を評価したり訓練する専門家です。治療対象となる方は小児から高齢者に及びますが、高齢化社会にともない患者数も増加していると言われます。心理学の基礎的な知識を身につけて、支援を必要とする人の心に寄り添える言語聴覚士を養成します。

 多くの卒業生が、医療(病院、診療所)、福祉(リハビリテーションセンター、老人健康施設)、保健(保健所)、教育(養護学校、難聴学級)、その他研究機関などの幅広い分野で活躍しています。

「特別支援学校教諭」 免許状の取得

 特別支援学校とは、生徒の障がいの重複化に対応し、盲学校、聾学校、養護学校などの種別を超えて適切な教育を行う学校です。在籍児童などの教育を行うほか、近隣の小・中学校に在籍する児童などの教育について援助するセンターの役割も担っています。以前の「特殊学級」から改められ、障がいのある児童・生徒の学習・生活上の困難を克服するための教育を行うこととなりました。

 この教員の免許については、科目の修得状況に応じて1または2以上の特別支援教育領域を定めて授与されます。この領域とは視覚障がい者、聴覚障がい者、知的障がい者、肢体不自由者または病弱者です。心理学科では特別支援学校教諭の免許を取得するために必要な幅広い科目を配置。障がいに関する知識・理解と専門性を身につけることができます。

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.