本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 資格・就職  > 取得資格について  > 言語聴覚士コース

言語聴覚士コース

言語聴覚士コースの所属は、2年次終了時に試験による人数調整をして決定する。(詳しくはお問い合わせを)
言語聴覚士受験資格を取得するためには、以下の科目をすべて履修しなければならないので、1・2年次開講科目は計画的に履修しておくことが望まれる。
心理学科生用言語聴覚士コースの履修モデルを参考にして履修すること。

厚生労働大臣指定科目本学該当科目開講
年次
卒業要件
含む=○
含まない=×
基礎医学健康医学入門(医学総論を含む)1
解剖学2×
生理学2×
病理学2×
臨床医学精神保健学a(精神医学を含む)1
健康医学(内科学を含む)2
リハビリテーション医学2
小児科学3×
耳鼻咽喉学3×
臨床神経学3×
形成外科学3×
臨床歯科医学口腔機能論(臨床歯科医学を含む)2×
口腔外科学3×
音声・言語・聴覚医学音声・言語・聴覚医学
(神経系の構造、機能及び病態を含む)
3×
音声・言語・聴覚系神経医学3×
心理学 臨床心理学a2
発達心理学a(生涯発達心理学)2
学習・認知心理学2
心理測定法3
言語学 言語学総論・各論2
音声学音声学総論・各論3
言語発達学言語発達学2
音響学音響学・聴覚心理学3
社会福祉・教育社会福祉・教育
(社会保障制度、リハビリテーション概論および関係法規を含む)
2
言語聴覚障害学総論言語聴覚障害総論3×
言語聴覚障害診断学3×
失語・高次脳機能障害学失語症I3
失語症II3
高次脳機能障害学3
言語発達障害学言語発達障害学I3
言語発達障害学II3
脳性麻痺・学習障害論3
発声発語・嚥下障害学発声発語障害学I(音声障害)3×
発声発語障害学II
(機能性構音障害総論・各論)
3×
発声発語障害学III
(器質性構音障害とその他運動障害性構音障害など総論・各論)
3×
嚥下障害総論・各論3×
吃音3×
聴覚障害学聴覚障害・視覚聴覚二重障害
(小児聴覚障害、成人聴覚障害を含む)
3×
聴力検査3×
補聴器3×
人工内耳3×
臨床実習臨床実習4
(コース生のみ
受講可能)

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.