本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 資格・就職  > 取得資格について  > 学科別取得資格一覧

学科別取得資格一覧

教員課程

教員課程

教職課程とは将来教職に従事しようとする熱意をもつ学生のために設けられた課程である。このためには教育職員免許法に定められた「教育職員免許状」を取得しなければならない。

資格を得るための履修条件

  1. 教員になることを前提として教育に対する情熱と教員になろうとする心構えで履修してください。(単に資格取得目的だけで履修しないでください。)
  2. 卒業に必要な単位を修得するとともに教職課程の単位が必要です
  3. 履修開始は1年次からですが、受講登録は2年次からです
  4. 2年次の春学期から履修を開始する人は、修得総単位数が35単位以上必要です
    2年次の秋学期から履修を開始する人は、修得総単位数が50単位以上必要です
    3年次の春学期から履修を開始する人は、修得総単位数が70単位以上必要です
    3年次の秋学期から履修を開始する人は、修得総単位数が85単位以上必要です
  5. 4年次開講の教育実習を履修するためには、修得総単位数100単位以上修得し、なおかつ「教職に関する科目」(教職必修科目)を全て修得しておく必要があります
  6. 該当学科で開講されていない科目については「卒業要件単位数」および、「履修制限単位数」に算入されません

図書館司書課程

図書館司書とは

各種の図書館で、専門的な職務に従事する職員をいう。資格を得るには、一定の条件を備えなければならない。(「図書館法」)
主な職務内容として、図書館の企画・運営・組織などに関する総務的な職務、資料や情報の選択・分類・目録作成・保管などに関する整理的な職務、読書相談・参考業務・対外活動などに関する奉仕的な職務などがあります。

資格を得るには

  1. 本学では、図書館司書の資格を得る人のために、資格取得に必要な授業科目が開講していますので、資格を得ようとする人は、卒業に必要な単位の他に、図書館司書課程科目を履修し、所定の単位を修得してください
  2. 受講登録および履修開始は3年次からです
  3. 資格取得に必要な単位をすべて修得しても、卒業できなければ資格を得ることはできません

学校図書館司書教諭課程

学校図書館司書教諭とは

小・中・高等学校の図書館で専門的な職務に従事する教育職員(教員)をいう。資格を得るには、教員免許状とは別に、さらに一定の条件を備えなければならない。(「学校図書館法」)
なお、同法第5条には学校は司書教諭を置かなければならない。

資格を得るには

  1. 本学では、学校図書館司書教諭の資格を得る人のために、資格取得に必要な授業科目が開講していますので、資格を得ようとする人は、卒業に必要な単位の他に、学校図書館司書教諭課程科目を履修し、所定の単位を修得してください
  2. 受講登録および履修開始は、3年次からです
  3. 資格取得に必要な単位をすべて修得しても、卒業できなければ資格を得ることはできません
  4. 必ず教職課程と併せて履修してください(既に何らかの教員免許状を取得済の者は除く)

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.