本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




吉川吉美

学生へ、あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

今私が関心を持っている事は、人の日々の営み(日常生活)で生起する諸問題に関係するこころの問題、例えば子育て、家族関係、近隣のつき合い、学校教育、友人関係、職場関係、自分自身の生き方上の問題・・・・等々から発生する強い悩み、苦悩、に悪影響をおよぼされている人々に対して、(鬱社会、ストレス社会と言われる現代社会ではこうした人々が増えている)、より有効で、実利的な心理学的支援方法の開発についてです。このようなことに関心がある人は臨床心理学を通して一緒に学び、そして研究してみませんか。


職位・学位・資格

教授、教育学(修士)、臨床心理士、催眠技能士資格、催眠指導技能士資格、臨床動作士資格、臨床動作法講師資格、心理リハビリテイションにおけるスパーバイザー資格

通常郵便の宛名

〒470-0195 愛知県日進市岩崎町阿良池12 愛知学院大学心身科学部
E-Mail:yshikawa(ここに@を入れてください)dpc.agu.ac.jp

最近の研究上の関心

臨床動作学、催眠学、臨床心理学

最近の研究業績

1992年現代のエスプリ別冊 臨床動作法シリーズ1 
臨床動作法の理論と治療
至文堂 P147~152
2000年ブリーフサイコセラピー研究 9
日本ブリーフサイコセラピー学会編
亀田ブックサービス P155~158
2000年心理臨床学研究 Vol18-4 日本心理臨床学会 編 誠信書房 P325~332
2000年臨床動作法の基礎と展開 日本臨床動作学会 編コレール出版 
P 77~82 
P 117~126 
P 169~178
2001年講座 臨床動作学 2 肢体不自由動作法学苑社 P197~207
2003年講座 臨床動作学 5 健康・治療動作法学苑社 P229~239
2004年無意識を活かす現代心理療法実践と展開星和書房 P262~274
2004年より効果的な心理療法を目指して金剛出版 P186~204
2005年 心理療法がうまくいくための工夫金剛出版 P187~198

学会活動

  • 日本ブリーフサイコセラピー学会 会員 理事
  • 日本催眠医学心理学会 会員 理事
  • 大妻女子大学家政学部付属児童臨床研究センター 相談協力員
  • 日本臨床動作学会 常任理事・事務局長
  • 日本心理臨床学会 理事

その他

  • 日本ブリーフサイコセラピー学会 学会賞 受賞(2004.7)

略歴

1974年愛知県立心身障害児療育センター第二青い鳥学園 心理員
1980年愛知県立情緒障害短期治療施設 ならわ学園 心理員
1982年愛知県立心身障害児療育センター第二青い鳥学園 心理員
1982年愛知県立心身障害児療育センター第二青い鳥学園 心理専門員
1998年~2002年愛知学院大学文学部心理学科 非常勤講師
2000年~2005年愛知学院大学大学院文学研究科 非常勤講師
2002年愛知県立心身障害児療育センター第二青い鳥学園 心理専門員 退職
2002年~吉川心理相談室開設
2002年~2004年秋田県教育委員会スクールカウンセラー
2002年~2004年秋田県児童相談所アドバイザー
2002年~2004年東北電力株式会社秋田支店 専任カウンセラー
2004年~2010年いわき明星大学人文学部心理学科 教授
2004年~2010年福島県教育委員会スクールカウンセラー
2004年~2010年いわき明星大学人文学部心理学科 心理相談センター長

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.