グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  健康栄養学科 >  学科案内 >  健康栄養学科の特徴 >  管理栄養士海外研修

管理栄養士海外研修



海外研修の目的

 国際的視野を持つ管理栄養士を育成するために、希望学生を対象に海外研修をカリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis: UC Davis)にて行います。
 この研修の目的は、①RD(Registered Dietitian:登録栄養士)による講義や現場の見学を通じて、グローバルな視点で栄養・食生活の問題を捉えて思考すること、②UC Davisの英語教師や学生などとの交流を通じて英語でのコミュニケーションの幅を広げること、③ホームステイで異文化コミュニケーション能力と自立心を養うこと、などです。合わせて将来の留学などの準備の目的とした語学研修も兼ねています。

研修プログラムの概要

  • 研修期間:2月下旬~3月上旬の18日間
  • 研修場所:カリフォルニア大学デービス校(UC Davis)
  • 宿泊先:各ホームステイ先
  • 参加学生:2年生~
  • 参加人数:20~30名程度
  • 研修費用:40万~45万円程度

※内容は年によって若干変更があります(上記は昨年度の内容を基にしています)。
※負担額は為替レートによっても変動があります。

主な研修プログラム

1) 1日3時間(50分×3)の英語の授業
① English Fluency
② Intensive Listening
③ Specialized Vocabulary and Idioms

2) 登録栄養士(RD)による講義
担当:病院勤務RD, 学校給食RDまたは施設給食RD, 福祉施設のRD

3) 施設見学
① UC Davis Medical Center(またはそれに替わる総合病院)
② Sodexho Dining Service at UC Davis(UC Davisの学生食堂)
③ University Retirement Community (その他、老人福祉施設)

4) Field Trip
① San Francisco 観光
② Sacramento(カリフォルニアの州都)への1日旅行
その他、オプショナルツアーあり。

研修風景

キャンパス ツアー(UC Davis)

スポーツセンター ツアー(UC Davis)

学食(UC Davis)

農場見学(UC Davis)

病院見学(Kaiser hospital)

病院のRDによる講義(Kaiser hospital)

スーパーマーケット見学(Nugget market)

スーパーマーケット見学(Trader Joe's)

San Francisco 観光(Golden Gate Bridge)

San Francisco 観光(Alcatraz Island)

Central kitchen(学校給食共同調理場)見学

Sacramentoツアー(California州議事堂)

病院見学(Sutter Davis hospital)

Retirement home(高齢者福祉施設)見学

官能評価 講義(UC Davis)

官能評価 実験(Davis Sensory Institute:DSI)

NBA観戦(Sacramento Kings戦)

Farewell Party(修了式)

参加学生の体験談

  • この研修を通して、自分のやりたいことがわかり始めた。行動することによって様々なことが見えてくる。迷ったら気になることに挑戦してみようと思う。アメリカ研修に参加して良い方向に考えが変わり、成長できたと感じた。


  • 英語に囲まれた生活をしたのは初めてで、自分が伝えたいことを思うように伝えられない悔しさと、Google翻訳で変換した英語を読み上げても発音が悪くて聞き取ってもらえなかった悔しさ。これらの経験は私に英語を修得したい気持ちを掻き立てるものとなった。これから一層グローバル社会になっていくと思うし、日本の管理栄養士としても英語が話せれば活躍できる幅が広がるのではないだろうか。これを機に英語の学習にもっと取り組んでいきたい。


  • フードマーケットでは、オーガニックの材料を使った商品やグルテンフリーの商品をはじめ健康志向の商品が沢山売られていたり、店内はとても明るくて野菜はきれいに並べてデコレーションをしたり、ここに買い物に来たいと思う工夫がされていた。また、店員の方はとてもフレンドリーで、お勧め商品を教えてくれて試食をさせてもらえ、レジでは「この商品はものすごく美味しいから!また、買いに来てね!」など会話をしてくれた。日本のフード・マーケッティングにおいても学びたいことの一つであった。


  • 病院の一般食では自由に好きなものが食べられる方式がとられていた。ベジタリアンやハラールフード、アレルギー食、糖尿病などの疾病によって食事制限がある場合はそれに応じたメニューから選択するなどの方式となっていた。RD(Registered Dietitian:登録栄養士)の活躍によってアメリカの栄養政策が充実してきています。日本でも生活習慣病患者が増加しているので、管理栄養士が一層活躍できるようになると良いと思った。


  • 病院の食事では、文化の違いもあるためベジタリアンやビーガンの人たち、アレルギーのことなどを考えた食事であったり、トランス脂肪酸が入っているものは出さないようにしたり、患者の健康や体調管理のための工夫がさまざまにされていた。老人ホームの食事では、自分で食事ができる人はバイキング方式であり、健康のことも考えつつ、美味しく楽しく食べられるように入所者の意見を取り入れた工夫がされていた。管理栄養士はやり甲斐のある仕事であると再認識できた。私の2年後には管理栄養士として働きたいので、研修を通してもっと勉強を頑張ろうと思った。


  • ホストファミリーはフィリピンから移民してきた方であり、アメリカ料理だけでなくフィリピン領にも振舞ってくれて、料理についてとても勉強になり、毎日美味しいご飯を食べることができて幸せだった。アメリカの食事は日本よりも食べ物の量やサイズが大きく、また、味も濃いことがわかった。アメリカで糖尿病が社会問題になっている原因の一端が少なからずそこにあると実感した。


  • 老人福祉施設で働く管理栄養士の方が「ここは皆が亡くなる最後の場所になる。人によっては家族が来ない人もいる。でも、ここでは必ず3食は食べることができる。だから私にとっては、この3食で愛情表現ができると思って仕事をしている。皆の最後の場所で、よい生活ができるように手伝えることが誇りだ」と話してくれたのが印象に残っている。それを聞いたとき、私も管理栄養士として働くときに、誰かのことを想って働いていける人になりたいと強く感じた。


  • 研修は楽しく、また戻ってきたいと思った。そんな風に思わせてくれたのは「人」だろう。千差万別のさまざまな人と出会ったから。パワフルすぎる子どもたち、心優しいホストマザー、アメリカ事情を教えてくれた先生、素(地のまま)を知れた友達、毎日を楽しませてくれたホストファミリー、自分の仕事を誇りに思っている管理栄養士の方々、元気いっぱいな高齢者、真剣に勉強をする現地の学生達。素晴らしい出会いに感謝。みなさん、ありがとう。


  • 研修を通していろいろなことを学び、考え方やものの見方が少し変わったように思う。前までの私なら人前で発言することなどできなかったし、聞きたいことがあっても質問できなくて分からないままになっていたこともあった。今回の研修では自分の良いところも悪いところも改めて見つめ直し、良いところは伸ばし、悪いところは直していこうと考えることができた。これから先、いろいろなことに役立つものと信じている。


  • アメリカの大学生は日本の大学生よりもよく勉強をしており、校内のカファテリヤでもパソコンを広げたり、ミーティングをしていたり、勉強に向かう姿勢は見習いたいと思った。そして、将来どうしたいかと質問したら即返答できるレベルでしっかりと決まっていたので、私も大学生活折り返しの時になったので、将来についても改めて考えようと思った。


  • アメリカのRD(Registered Dietitian:登録栄養士)になるために、そして、なった後でも大変な努力が必要であることが理解できた。多くの現場での経験や定期的に行われる試験によって、日々RDとしての能力、技術を上げていることを、RDの講義から学ぶことができた。