グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  健康栄養学科 >  カリキュラム

カリキュラム


4年間で深める学びのステップ

<1年次> 少人数教育で主体的な学習方法を学ぶ

4年間の学びの基礎づくりを行います。前期に履修するのが、チュートリアル形式で進められる「健康栄養学入門」。少人数教育によって主体的な学習方法を学びます。また教養教育科目を中心に幅広い知識を養うことも、1年次の学びの特長です。
 

<2年次> 段階的な学習で専門分野の理解を深める

1年次の学びをベースに専門知識の理解を深めていくのがこの2年次。段階的な学習を進めて知識の向上を図ります。また、「食事調査演習」では聞き取り実地試験を実施。管理栄養士、栄養士になるために必要な、食生活情報のヒアリング力を養います。
 

<3年次> 実習を通じて管理栄養士に必要なスキルを身につける

2年次までに身につけた知識をベースに、管理栄養士に必要なスキルを習得するのが、3年次に行われる実習です。中でも「臨床栄養学実習」では、臨床栄養学の理論に基づいて疾患別に献立の作成や調理の方法を学び、栄養療法プランの作成に必要な技術を習得します。
 

<4年次> 4年間の総まとめと試験対策

管理栄養士国家試験の対策を進めます。受験に向けた総まとめが行われるのが、「管理栄養士総合演習」。生活習慣病患者に対して効果的な保健指導を行うことができるよう、総合的な視野に基づいて学習を進めていきます。
 

年次別カリキュラム表 PDFダウンロード