グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  健康栄養学科 >  カリキュラム >  卒業研究テーマ

卒業研究テーマ


健康栄養学科の卒業研究テーマについてご紹介します。
 

2021年度

ゼミナール名 演題
給食管理学 口演1 スマートフォンアプリケーションによる自動計算栄養価
人体構造学 口演2 天然甘味料エリスリトールの血糖値に及ぼす影響
公衆栄養学 口演3 ナトカリ計を用いた食習慣改善の取り組み 第4報
臨床栄養学 口演4 食事性アナフィラキシーショック患者における栄養指導媒体
分子栄養学 口演5 パーキンソン病における口腔内炎症に関する研究
ポスター ミエロペルオキシダーゼ阻害に必要なカテキン化学構造に関する検討
ポスター 茶カテキンによるミエロペルオキシダーゼ阻害機構の検討
公衆衛生学 口演6 新型コロナウイルス流行による生活習慣の変化
生化学 口演7 ヒト横紋筋肉腫細胞株におけるケルセチンとアピゲニンの作用に関する研究
食品機能学 口演8-1 チョコレートの原材料の組み合わせが抗酸化性に与える影響
口演8-2 食品因子によるスフィンゴシン1-リン酸産生への影響に関する研究
応用栄養学 口演9 ICT(LINE)を活用した肥満に起因する労働災害防止及び生活習慣病防止のための食事指導効果の検証

2020年度

人体構造学ゼミナール
  • 東アジアの食文化について
  • 和菓子と洋菓子について*
  • スーパーフードがもたらす効果
  • 甲状腺機能障害の食事療法*
公衆栄養学ゼミナール
  • ナトカリ計を用いた食習慣改善の取り組み 第3報
臨床栄養学ゼミナール
  • 脂肪酸および脂質エネルギー比の違いによる血糖値への影響-第2報
栄養教育学ゼミナール
  • 生活習慣病ハイリスク者のエネルギー産生栄養素バランスに関する調査研究
  • 愛知県民の野菜接種状況に関わる諸要因と共食行動*
分子栄養学ゼミナール
  • パーキンソン病患者における口腔内炎症に関する研究
  • 食品由来成分のミエロペルオキシダーゼ活性制御に関する研究*
  • 茶カテキンのドパミン神経細胞毒性に及ぼす影響に関する研究*
公衆衛生学ゼミナール
  • COVID-19感染状況に関する考察~日本とイタリアの比較~
生化学ゼミナール
  • ガン細胞のフラボノイド類による増殖抑制とアポトーシスに関する研究
食品機能学ゼミナール
  • 茶成分と他の食品因子の抗酸化性における相互作用
  • 大豆成分による抗酸化酵素発現誘導に関する研究
  • リコピンと他の食品因子の抗酸化性における相互作用
*ポスター発表

平成28年度

給食経営管理ゼミナール
  • 60歳以上の地域在住高齢者の握力・歩行速度・下腿周囲長の測定
  • ならびに食習慣に関するアンケートによる健康維持の要因検討
分子栄養学ゼミナール
  • 酸化ストレスによる神経細胞死のメカニズムの解明
  • ヒトサンプルを用いた炎症マーカー測定法の開発
食品機能学・食品機能化学ゼミナール
  • フェルラ酸のマウス由来脂肪細胞機能への作用機構
  • レスベラトロールの脂肪細胞機能への作用機構
  • カカオポリフェノールの脂肪細胞機能への作用機構
  • 黄杞茶フラボノイドの脂肪細胞・肝細胞機能保護作用の検討
  • クルクミノイドの脂肪細胞・肝細胞機能保護作用の検討
  • ラクトフェリンの脂肪細胞・肝細胞機能保護作用の検討
  • アルカロイド類の細胞レベルにおける生理機能の検討
  • シナモン成分の細胞レベルにおける生理機能の検討
  • 各種ハチミツの持つ機能性に関する研究
  • 発芽野菜の抗酸化物質含量に与える環境因子の検討
  • 酸化油脂の神経細胞機能への作用機構
  • カカオポリフェノールによる神経細胞機能改善作用機構
  • カシスアントシアニンによる神経栄養因子発現への影響
人体構造学ゼミナール
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯による冷え症への効果
公衆栄養学ゼミナール
  • 大学生における食育とレジリエンスに関する研究
  • 高齢者の衣服重量の季節変動と真の体重評価に関する研究
公衆衛生学ゼミナール
  • 社会人と学生の地震に対する意識の違い
臨床栄養学ゼミナール
  • 米飯を摂取した際に大豆・レッドキドニーが食後血糖値に及ぼす影響―豆の種類、食べる順番の違いによる検討―
  • 食形態の違いによる食後血糖値に及ぼす影響~固形食、ゼリー食、液体食の3形態で検討~
栄養教育学ゼミナール
  • 野菜摂取に関する消費者の購買行動の検討
  • 生活習慣病ハイリスク者の共食に関連する食生活要因
  • 生活習慣病ハイリスク者の炭水化物摂取からみた食事状況

平成27年度

食品機能学・食品機能化学ゼミナール
  • ヒトおよびマウス由来の細胞系を用いた機能性食品成分の解析:1.マウス由来脂肪細胞
  • ヒトおよびマウス由来の細胞系を用いた機能性食品成分の解析:2.ヒト由来細胞
人体構造学ゼミナール
  • 大学生における飲酒と食事に関する調査
公衆栄養学ゼミナール
  • 食用花の普及度に関する検討及び食用菊利用の提案
  • A市における新しい介護予防プログラムの取り組みに対しての検討
公衆衛生学ゼミナール
  • 21世紀における死因別寿命変化への寄与年数からみた地域特性
生化学ゼミナール
  • マウス胚におけるエンビジンタンパク質の発現と翻訳後修飾に関する研究
臨床栄養学ゼミナール
  • 月経周期が及ぼす血糖変動について
  • 切干大根の米飯摂取後の血糖上昇抑制効果
栄養教育学ゼミナール
  • 小学生の課外スポーツ活動と栄養課題に関するケーススタディ
  • 園児の食育康応目標としての箸使いと家庭環境要因との関連
  • 共食に影響を及ぼす生活習慣要因の検討
給食経営管理ゼミナール
  • 健康寿命を維持・増進するための生活習慣についての検討

平成26年度

分子栄養学ゼミナール
  • 30%カロリーオフ時における脳由来神経栄養因子の発現変化について
人体構造学ゼミナール
  • 大学生の間食の意識に関する調査
  • 防已黄耆湯の体脂肪に及ぼす影響
栄養教育学ゼミナール
  • 生活習慣病ハイリスク者における食事バランスガイドの活用に関する検討
  • 主観的食事量である「腹八分目」からみた生活習慣関連要因の検討
臨床栄養学ゼミナール
  • 卵の食後血糖上昇抑制効果
公衆栄養学ゼミナール
  • 大学生の食に関する実態と意識について-全国調査との比較および学科間の比較-
給食経営管理ゼミナール
  • 独居の新入生に対する栄養教室の試み〜欠食・偏食のない食習慣の確立を目指して〜
公衆衛生学ゼミナール
  • 大学生の自覚症状と生活習慣に関する研究
食品機能学・食品機能化学ゼミナール
  • 「食品因子のin vitro、in vivoにおける生理・生体調節機能評価」
    -H-ORAC法による評価
  • 「食品因子のin vitro、in vivoにおける生理・生体調節機能評価」
    -細胞モデルによる評価
  • 「食品因子のin vitro、in vivoにおける生理・生体調節機能評価」
    -動物個体レベルによる評価
生化学ゼミナール
  • マウスの発生におけるエンビジンタンパク質の性質と発現に関する研究

平成25年度

生化学ゼミナール
  • ウェスタンブロット法によるマウス胎児期のエンビジンタンパク質の発現解析
分子栄養学ゼミナール
  • カロリーオフ及び飢餓時における脳由来神経栄養因子の発現変化について
  • 胎生期の母体栄養状態が及ぼす出生後の仔の成長への影響
人体構造学ゼミナール
  • 喫煙における塩味の影響
  • 糖尿病透析予防管理料における実態調査
  • 日本における食文化について
栄養教育学ゼミナール
  • 5歳園児の食育に関する保護者の知識・意識の影響
  • 肥満児の発育状況と生活習慣との関連
臨床栄養学ゼミナール
  • 牛乳摂取における食後血糖上昇抑制効果の検討
公衆栄養学ゼミナール
  • 食料自給率の向上と「ごはん食」のすすめへの取り組みに関する検討―大学生を対象とした講演による介入効果―
  • 食料自給率の向上と高齢者の食に対応するスープジャーの活用
給食経営管理ゼミナール
  • 健康栄養学科の学生の健康に対する実態と意識に関する調査
公衆衛生学ゼミナール
  • 大学生の日常生活と疲労感との関連について
  • 大学生の生活習慣と授業中の居眠りの関連について
食品機能学・食品機能化学ゼミナール
  • 新規カシス食品素材の持つ脂質代謝異常の予防機能
  • DNAチップを用いた機能性評価(新規カシス食品素材)
  • 脳神経細胞における大豆イソフラボンの保護活性についての研究
  • セサミンの脳神経系の保護活性についての研究
  • 脳神経細胞を用いたフェルラ酸およびγ-オリザノールの機能性について
  • 複合系における抗酸化性の変化-特にフラボノイド・ラクトフェリンを中心に-
  • シナモン成分の持つ抗酸化機能性について
  • 大豆イソフラボンとカシスアントシアニンの抗酸化相乗効果について
  • ボイセンベリー成分の持つ抗酸化機能性について

平成24年度

食品機能学・食品機能化学  ゼミナール
  • RT-PCRを用いた遺伝子解析(カカオポリフェノール)
  • エピカテキンとヨーグルトとの抗酸化性相乗効果について
  • コプリーノとヨーグルトの組み合わせにおける抗酸化力の比較
  • DNAチップを用いた機能性評価(カシス②)
  • DNAチップを用いた機能性評価(フェルラ酸①)
  • DNAチップを用いた機能性評価(カシス③)
  • RT-PCRを用いた機能性評価(カシス)
  • DNAチップを用いた機能性評価(フェルラ酸②)
  • DNAチップを用いた機能性評価(コプリーノ)
  • ヨーグルトとレモンの組み合わせによる抗酸化力の可能性
  • コプリーノとビタミンEの組み合わせによる抗酸化性力の検討
  • DNAチップを用いた機能性評価(フェルラ酸③)
生化学ゼミナール
  • マウス胎児期における免疫組織染色法によるエンビジンタンパク質の検出
分子栄養学ゼミナール
  • 運動条件における脳内神経栄養因子の発現変化
  • マウスの臓器及び培養卵巣細胞におけるミッドカインレセプターの発現解析
人体構造学ゼミナール
  • 運動条件における脳内神経栄養因子の発現変化
  • マウスの臓器及び培養卵巣細胞におけるミッドカインレセプターの発現解析
人体構造学ゼミナール
  • 防風通聖散の体脂肪に及ぼす効果
  • 間食の意識に関する調査
  • 糖尿病性腎症における実態調査
栄養教育学ゼミナール
  • こども食育推進のための栄養教育プログラムの検討
  • 食生活評価指標としての野菜摂取状況に関する検討
臨床栄養学ゼミナール
  • 大豆製品の食後高血糖抑制効果~摂取時間での効果の検討~
  • 米飯の食後血糖に及ぼす大豆製品の影響~セカンドミールエフェクトの検討~
公衆栄養学ゼミナール
  • 地域住民における災害への意識及び家庭の非常食に関する研究
  • 管理栄養士養成大学における災害時の役割と非常食備蓄状況についての研究
  • 災害時の栄養士の活動に対する管理栄養士養成大学学生の意識調査
  • 水泳選手の保護者における栄養教育の影響~競技能力・体組成と食習慣における変化~
給食経営管理ゼミナール
  • 大学生の食生活について~コンビニエンスストアの利用実態調査~
公衆衛生学ゼミナール
  • 生活実態調査による睡眠と生活習慣の関連について
  • 大学生における飲酒と食生活状況との関連性について

平成23年度

給食経営管理ゼミナール
  • 摂食機能障害を有する高齢者の食環境について~現状と課題~1.社会保障制度
  • 摂食機能障害を有する高齢者の食環境について~現状と課題~2.嚥下食について
  • 摂食機能障害を有する高齢者の食環境について~現状と課題~3.既製品について
  • 摂食機能障害を有する高齢者の食環境について~現状と課題~4.施設見学
生物化学(生化学)ゼミナール
  • 食餌中のコラーゲンおよびコラーゲンペプチドの生体内における役割
食品機能学・食品機能化学 ゼミナール
  • DNAチップを用いた機能性評価(フェルラ酸①)
  • DNAチップを用いた機能性評価(フェルラ酸②)
  • DNAチップを用いた機能性評価(フェルラ酸③)
  • DNAチップを用いた機能性評価(カシス①)
  • DNAチップを用いた機能性評価(カシス②)
  • DNAチップを用いた機能性評価(カカオ①)
  • DNAチップを用いた機能性評価(カカオ②)
  • DNAチップを用いた機能性評価(カカオ③)
  • DNAチップを用いた機能性評価(コプリーノ①)
  • DNAチップを用いた機能性評価(コプリーノ②)
  • DNAチップを用いた機能性評価(コプリーノ③)
人体構造学ゼミナール
  • 外来栄養指導患者における間食の摂取状況
  • ラクロス部員における栄養指導の効果について
  • 喫煙者の禁煙指導による体重変化について
  • 栄養学からみた疾患の変遷について
栄養教育学ゼミナール
  • 小児肥満の実態と生活習慣との関連
  • 地域集団における乳類と生活習慣との関連
  • 地域集団における食物繊維の摂取に影響を及ぼす要因の検討
臨床栄養学ゼミナール
  • 米飯の食後血糖に及ぼす大豆・大豆製品の影響
  • 米飯の食後血糖に及ぼす牛乳・乳製品の影響
分子栄養学ゼミナール
  • 培養細胞を用いて、神経栄養因子ミッドカインとホルモンの関連についての研究
  • 運動による脳内神経栄養因子の変動
  • 運動による脳内神経栄養因子の変動
  • ビタミンA欠乏時における成長因子ミッドカインの発現変化
公衆栄養学ゼミナール
  • 野菜・果物の摂取増に向けての研究―その1 地産地消施設における消費者の意識
  • 野菜・果物の摂取増に向けての研究―その2 カット野菜について
  • 野菜・果物の摂取増に向けての研究―その3 幼児とその保護者との比較
公衆衛生学ゼミナール
  • 食習慣を中心とした生活実態調査-生活満足度との関連について
  • 食習慣を中心とした生活実態調査-身体活動との関連について
  • 食習慣を中心とした生活実態調査-飲酒との関連について