グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  心理学科 >  カリキュラム

カリキュラム


4年間で深める学びのステップ

[1年次] 心理学の基礎を身につける

必修科目の「心理学概論」「基礎実験演習」を履修し、心理学の基礎を学びます。精神保健の基礎的知識を包括的に理解する「精神保健学」、大脳生理・身体生理の基盤を学ぶ「生理学」など、多彩なカリキュラムが用意されています。

[2年次] 専門分野への本格的なアプローチ

本格的な専門分野の学習がスタート。幅広い分野の中から興味のある講義科目、演習科目を履修し、関心のある分野の知識を深めていきます。また「一般実験演習」では、認知・行動、発達・教育、人格・臨床、社会・産業のそれぞれの領域について実験演習を行います。

[3年次] 専門分野を決定し研究を進める

2年次までに学んだ幅広い分野の中から、自分が専門的に学んでいきたい分野を選択。その分野を学んでいく上でもっとも適した教員のゼミを履修します。それぞれの教員の指導を受けて研究テーマを決定し、卒業論文、卒業研究へとつなげていきます。

[4年次] 心理学科での学びの総仕上げ

卒業論文・卒業研究に取り組み、4年間の学びの総仕上げを行います。目的と方法を考え、結果を導き出すことによって、リサーチ力・文章力・データを扱う能力など、さまざまな力を養います。ここで得た自信が、実社会において大きな力を発揮します。

20191225-101558-700.png

本学心理学科は、心理学のほぼすべての分野をカバーした5領域(9分野)の教育・研究領域を配置しています。


心理学科カリキュラムのうち、公認心理師科目についてご紹介します。


20191225-135524-140.png

吉川教授のゼミ風景を動画で紹介します。日本独自の心理療法(臨床動作法)による支援活動を国内外で展開しています。