グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  教員紹介 >  健康科学科 >  早川統子

早川統子


学生へ、あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

人と人との関わりの中で、ことばが担う役割は非常に大きいです。ことばが通じない場所に、通訳なしで一人で置き去りにされたら困りませんか?周りの人の話していることがわからないから、看板をみながら空港へ行くにも何が書いてあるのかさっぱりわからない。こちらが思いつく限りのことばやジェスチャーで必死に意思を伝えようにも、相手がきょとんとした顔で一生懸命話している自分のことを見ている。不安だと思いませんか?
なんらかの病気が原因で、このような状態になった方々の治療に携わるのが言語聴覚士の仕事です。音声を用いたことばだけではなくても、相手に意思や要求を伝えることができない方々が少しでも楽に周りの人とのコミュニケーションをとれるようにお手伝いする尊い仕事なのです。
4年という時間の中で、ゆっくりじっくりと言語聴覚士の仕事の尊さを頭で学び、肌で感じて、泣いて笑いながら、目標にむかって一緒に進んでいきましょう。

職位・学位・資格

講師・博士(歯学)・言語聴覚士

通常郵便の宛名

〒470-0195
日進市岩崎町阿良池12 愛知学院大学心身科学部 健康科学科

担当科目

発声発語障害学II・III、言語聴覚障害総論、言語聴覚障害学基礎演習、言語聴覚障害学総合演習、リハビリテーション医学

関心

  • 口蓋裂言語といわれるSpeechが他者へ与える印象
  • 言語訓練のために思うように通院できない患者様にインターネットを用いた遠隔言語訓練を実施したより良い治療の確立
  • Velo-Cardio-Facial Syndromeという症候群のサポートグループに参加をし、疾患や治療に関する情報提供を行いながら、医療側ができる患者様への心理的側面も含めたより良い治療

業績

著書

  • 今日の治療指針2010(先天性鼻咽腔閉鎖機能不全)、医学書院、今日の治療指針 2010, pp1238-1239

論文

  • Perception of cleft palate speech by Japanese listeners—an assessment of palatalized articulations, Journal of Maxillofacial and Oral Surgery. 9(3),2010
  • Perception of cleft palate speech by Japanese Listeners, Aichi-Gakuin Dental Science. 23, 2010

学会発表

  • Present State of Velo-Cardio-Facial Syndrome In Japan、16th Velo-Cardio-Facial Syndrome Educational Foundation International Scientific meeting、Rome、Italy、2009

  • Supporting System for Patients with Velo-Cardio-Facial Syndrome in Japan、16th Velo-Cardio-Facial Syndrome Educational Foundation International Scientific meeting、Rome、Italy、2009

  • Investigation into the awareness of Cleft Palate Speech;

  • - An assessment of articulation distortion、glottal stops and mid-dorsal palatal stops、CLEFT2009、11th International Congress on Cleft Lip and Palate and related Craniofacial Anomalies-cleft-,Fortaleza、Brazil、2009

  • The second report: Investigation into the awareness of Cleft Palate Speech; - An assessment of articulation distortion、glottal stop and palatalized articulation-、CLEFT2010 ICPF、6th Congress of International Cleft Palate Foundation,Seoul、Korea、2010

  • 口蓋裂児への遠隔言語訓練システムに関する研究 第1報 -声門破裂音症例-、第53回NPO法人日本口腔科学会中部地方部会、2010

  • INVESTIGATION INTO THE AWARENESS OF CLEFT PALATE SPEECH; NO.3 - AN ASSESSMENT OF ARTICULATION DISTORTION RELATED TO NASAL EMISSION、PALATALIZED ARTICULATION AND GLOTTAL STOP、American Cleft Palate Craniofacial Association、68th Annual Meeting、San Juan、Perto Rico、2011

  • STUDY OF TELEPRACTICE FOR CHILDREN WITH CLEFT PALATE SPEECH NO.2 - HYPERNASALITY,GLOTTAL STOP AND DISTORTION FROM NASAL EMISSION、American Cleft Palate Craniofacial Association、68th Annual Meeting、San Juan、Perto Rico、2011

  • 口蓋裂言語に対する 印象に関する研究、第35回日本口蓋裂学会学術集会、新潟、2011

  • 口蓋裂患児への遠隔言語訓練成果、第35回日本口蓋裂学会学術集会、新潟、2011

  • Telepractice for children with cleft palate speech -No.2- Hypernasality、glottal stop and distortion from nasal emission、Cleft 2011 International Cleft Lip and Palate Foundation、San Fransisco、USA、2011

  • インドネシア共和国における口唇口蓋裂治療国際医療協力の中での言語管理・治療の可能性に関する検討、第22回歯科保健医療国際協力協議会学術大会、名古屋、2011

  • 口蓋裂患児への遠隔言語訓練システムを用いた 海外医療援助の検討、第22回歯科保健医療国際協力協議会学術大会、名古屋、2011

  • Velo-Cardio-Facial Syndrome Educational Foundationアジア・アフリカ支部の活動に関する報告、第51回日本先天異常学会学術集会、東京、2011

その他

  • 著書:渡辺真美/チーちゃんのくち 口唇口蓋裂の疾患解説、財団法人 口腔保健協会、2006, pp.31-32

  • Investigation into the Japanese awareness of Cleft Palate Speech;- An assessment of articulation distortion-, Proceeding of CLEFT2009, 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and related Craniofacial Anomalies -cleft-, 2009

  • Velo-Cardio-Facial Syndrome 小冊子(翻訳), Velo-Cardio-Facial Syndrome Educational Foundation Inc., 2010

略歴

  • 愛知淑徳大学文学部卒
  • 東海医療福祉専門学校言語聴覚学科卒(現東海医療科学専門学校)
  • 愛知学院大学大学院歯学研究科(博士)
  • 特定非営利活動法人 日本口唇口蓋裂協会勤務
  • 愛知学院大学歯学部附属病院言語治療外来勤務
  • 学校法人名古屋医専言語聴覚学科勤務
  • 愛知学院大学心身科学部健康科学科勤務(2011年)