グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  教員紹介 >  健康科学科 >  渡辺輝也

渡辺輝也


学生あるいはこれから入学を目指す方へのメッセージ

人間の運動、とくにスポーツにおける人間の運動について研究しています。人間の運動は、心の側面のみからも身体の側面のみからも理解しつくせない、はかり知れない奥深さをもっています。とりわけスポーツ場面では、人間はすぐれた運動能力を発揮します。このため、スポーツにおける人間の運動について知ることは、単にスポーツの指導に役立つだけでなく、人間存在の不思議さの一端を知ることにもつながります。心身科学部というこのユニークな学部で、「運動」という切り口から、人間という存在の不思議さ・素晴らしさを一緒に見つめてみませんか?

職位・学位・資格

講師、博士(コーチング学)、中学校教諭専修免許状(保健体育)、高等学校教諭専修免許状(保健体育)

最近の研究上の関心

運動の学習指導における学習目標像を把握したり、学習指導のための方法を確立したりする研究に継続的に取り組んでいます。また、最近では、体育教師やスポーツ指導者に要求される動きかたの指導力の構造を解明し、その養成方法を明らかにする研究にも関心を持っています。

最近の研究業績

  • 渡辺輝也・守田俊啓(2012)走高跳の技術トレーニングに関する運動学的一考察:男子大学生選手における技術修正プロセスの1例を対象として.体育学研究、57 (2): 683-698.

  • 渡辺輝也(2012)走高跳におけるスポーツ運動学的技術分析の研究動向の批判的検討.体育学研究、57 (1): 159-176.

  • 渡辺輝也(2012)コーチング学の確立に向けた道程における事例研究の役割と方法:陸上競技における走高跳を対象とした「事例研究」.トレーニング科学、24 (1): 37-45.

  • 渡辺輝也(2010)走高跳におけるバイオメカニクス的技術分析の研究動向の批判的検討.陸上競技研究、81: 2-16.

  • 渡辺輝也・朝岡正雄・宮下 憲・佐野 淳(2009)走高跳におけるスピードフロップの類型化に関する運動学的考察.体育学研究、54 (2): 327-342.

略歴

2005年3月 筑波大学体育専門学群 卒業
2007年3月 筑波大学大学院修士課程体育研究科スポーツ科学専攻 修了
2010年3月 筑波大学大学院後期3年制博士課程人間総合科学研究科コーチング学専攻 修了
2010年4月 早稲田大学スポーツ科学学術院 助手
2013年4月 愛知学院大学心身科学部 講師

自己紹介と趣味

走高跳に20年以上取り組んでいます。また,島に出かけて山歩きや釣りなどの野外活動に没頭することが好きです。